気象庁の定義と現状

現在、世界中で気温の上昇が問題になっています。もちろん日本も例外ではありません。
日本国内の気温上昇の様子を見ていきましょう。

都市化の影響が少ない地域

年平均気温は100年間で1.5℃上昇しています。これは世界的に見ても大きい数値となっており、地球温暖化の影響だと考えられています。地球温暖化の主な原因は二酸化炭素などの温室効果ガスです。

都市化が進んだ地域(東京を例に)

年平均気温は100年間で3.3℃上昇しています。日本全体の100年間の年平均上昇気温の2倍以上です。これがヒートアイランド現象です。

気象庁のHPによると、ヒートアイランド現象は
「都市の気温が周辺よりも高くなる現象」(気象庁) という定義がなされています。

ヒートアイランド現象でみられるの直接的な気候の変化は

①平均気温の長期的な上昇傾向

②昼間における高温化と熱帯夜の増加

の2つです。

それらの影響を受けて起こる現象として次の事柄が挙げられます。
・生態系の亜熱帯化
局地的豪雨
熱中症患者の増加
・エネルギー消費量の増加
(エアコンや冷蔵庫などの使用量が増えると考えられるためです。)
・蚊の越冬
感染症を媒介しうるため問題視されています。)
・桜の開花時期のずれ

BACK
NEXT

TOP